商品案内

生きて腸まで届く乳酸菌 顆粒タイプ

生きて腸まで届く乳酸菌

顆粒タイプなので、様々なシーンにご活用いただけます

  • 生きて腸まで届くLGG®乳酸菌が1包に140億個含まれています。
  • 摂取しやすい顆粒タイプ、味は食べやすいほんのりゆず風味です。
  • 1包あたり4kcal、脂質は0gのため、カロリーや脂質を制限している方にもおすすめです。
  • 1日1包を目安にそのまま口の中で溶かすか、水などと一緒にお召し上がりください。
  • 旅行や出張、外出の際に連続4週間であれば常温保存可能です。

※一度、常温保存した商品は、再冷蔵しても生菌が減少する可能性がありますので、
賞味期限にかかわらず、お早めにお召し上がりください。

プロバイオティクスLGG®乳酸菌とは?

腸は最大の免疫器官!!

腸管には体全体の免疫細胞の60%以上が存在しているってご存知ですか??これらの免疫細胞が様々な病気に関連すると言われています。この腸内の環境を左右するのは腸内細菌です。腸内細菌は数100種類、100兆個も生息すると言われており、全ての腸内細菌を合わせると約1kgにもなります。腸内細菌には乳酸菌やビフィズス菌といった「善玉菌」や「悪玉菌」などが生息しています。この善玉菌やその代謝物は腸の働きを整えるだけでなく、免疫細胞と相互に作用し体を守っているのです。

乳酸菌は、どうしておなかにいいんだろう。
乳酸菌の働きのひとつとして、腸内の良い菌と悪い菌のバランスを調整する作用があります。これは乳酸菌が作り出す乳酸が、腸内の悪い菌の増殖を抑制するためです。

プロバイオティクスとは?

人の体に有益な働きをする生きた微生物、またはそれを含む食品をプロバイオティクスと言います。安全性が保証されていることや、腸内にしっかり到達できること、さらには安価で容易に取り扱えることなどの条件をクリアして初めて、プロバイオティクスの基準を満たすことができます。

LGG®乳酸菌発見!

「これまでヨーグルトに使われてきた乳酸菌は胃酸や胆汁酸によって大半が死滅してしまう…」1980年代にタフツ大学(米国)のゴルバッハ(Gorbach)、ゴルディン(Goldin)両教授は、生きたまま腸に届く耐性のある乳酸菌を探していました。 そして1985年、ついに二人は健康な成人の腸内から耐性の強い新しい乳酸菌を発見し、分離することに成功しました。それがLGG®乳酸菌です。乳酸桿菌を意味する(Lactobacillus)と二人の名前の頭文字をとって名づけられました。

LGG®乳酸菌に関する研究論文は900報以上!!(2016年1月時点)
LGG®乳酸菌の健康に対する有益性は益々期待されており、タカナシ乳業でもLGG®乳酸菌のヒトへの有益性を検証するため数多くの研究を行っています。

世界で活躍するLGG®乳酸菌

LGG®乳酸菌は世界50カ国以上で商品化されている、グローバルな乳酸菌なのです。

フィンランドのバリオ社によって、一国につき一社のみ商品化が認められているLGG®乳酸菌。最先端の予防医療が行われている国で育ったLGG®乳酸菌は、いまや世界中で活躍しています。

LGG®乳酸菌は900報以上(2016年1月時点)の研究成果が報告されている世界で一番研究されている乳酸菌です。
LGG®乳酸菌を商品名に使用できるのはライセンス契約をしている当社だけです。
バリオ社は、1905年創業のフィンランド№1乳業メーカーです。

前のページに戻る

  • LGG乳酸菌20周年
  • 脂肪ゼロプラス
  • おいしいレシピ
  • 新商品
  • うまさひきたつクリーミーフレッシュ
  • クリームコンシェルジュ

Copyright @Takanashi Milk co.ltd., 2015 All Rights Reserved.

TOP