商品案内

低温殺菌牛乳

低温殺菌牛乳って?

そもそも低温殺菌とは・・・

タカナシ低温殺菌牛乳

低温殺菌牛乳説明

牛乳の殺菌方法は、その温度と時間により「超高温殺菌」「高温殺菌」「低温殺菌」の3つに大別されます。現在、一般的に多いのは「超高温 殺菌」です。
タカナシ低温殺菌牛乳は66℃・30分間殺菌の「低温殺菌」で作られています。

低温殺菌牛乳、おいしさの理由~4つのこだわり = 愛情製法

1 低温殺菌だから「自然の甘み」があり、スッキリおいしい!

タンパク質変性試験
(国際酪農連盟公認実験方式による)
タンパク質変性試験
変性していないミルクタンパク質量が多いほど白く、
低温殺菌牛乳がより生乳に近いことが分かります。

超高温殺菌牛乳と呼ばれる120℃~150℃ 1~3秒の殺菌方法は、栄養成分は変わりませんが、タンパク質が変性し、風味やのどごしが変化します。タカナシ低温殺菌牛乳は66℃30分でゆっくりと殺菌していますから、生乳のような風味ですっきりしたのどごし、ほんのり甘みすら感じる事ができるのです。

2 タカナシの連続パスチャライゼーションシステム(安定した低温殺菌システム)

連続パスチャライゼーションシステム
連続パスチャライゼーションシステムは
日本で初めてタカナシが採用した低温殺菌システムです。

熱交換プレートで66℃に加熱された生乳が、タンク内のコイル状に巻かれたステンレスチューブに入り、30分かけて連続的に流れ、再びプレートで冷却され ます。つまり生乳は完全に密閉、断熱されたパイプの中を通ることで、外気に触れず衛生的な状態で、殺菌温度、殺菌時間を完全に一定に保てるのです。このため従来の保 持式殺菌方法に比べ、安定して生乳を低温殺菌でき、牛乳品質の安定性、安全性が向上しました。

3 自然の恵み、作り手の思いを大切にした「産地パック」牛乳

岩手県葛巻町

おいしい低温殺菌牛乳を作るには、より鮮度の高い「生乳」が必要になります。岩手県葛巻町の酪農家の皆さんが丹精こめて育てた牛への思いを大切に、搾乳された生乳をタカナシ岩手工場でおいしい牛乳に仕上げています。

葛巻町の酪農の歴史は120年余り。古くから人と牛が共生し、代々受け継がれた酪農方法により、健康な乳牛が飼育されています。現在では全国有数のおいしい生乳の産地として知られています。

4 遮光パッケージにしました

右が光を通さない特殊なパック

紙パックの断面で遮光性を比較
*右が光を通さない特殊なパック。
【提供/日本テトラパック株式会社】

パックに詰められた牛乳はとてもデリケート。お店の照明にも影響を受けないための特殊な遮光パッケージを紙パックメーカーと共同開発しました。

岩手県葛巻町

町のキャッチフレーズは「北緯40度、ミルクとワインとクリーンエネルギーの町」

岩手県岩手郡葛巻町は北上山地にある高原の町。山々に囲まれ、デントコーン(※)がゆらめく自然がいっぱいに詰まった東北一の酪農郷。ホタルも乱舞してい ます。

※デントコーン:草丈の高いトウモロコシでサイレージなどの飼料に使われる

袖山高原で草を食む牛
袖山高原で草を食む牛

袖山高原で草を食む牛

岩手県葛巻町

葛巻町近郊の折爪岳で飛び交うホタル

葛巻町近郊の折爪岳で飛び交うホタル
齊籐暁久さん撮影

前のページに戻る

  • LGG乳酸菌20周年
  • 脂肪ゼロプラス
  • おいしいレシピ
  • 新商品
  • うまさひきたつクリーミーフレッシュ
  • クリームコンシェルジュ

Copyright @Takanashi Milk co.ltd., 2015 All Rights Reserved.

TOP