先輩紹介SENIOR INTRODUCTION

沖廣 俊介

沖廣 俊介

SHUNSUKE OKIHIRO

横浜工場 製造1課
2017年4月入社

工場の仕事は常に1歩先を考えながら仕事をする必要があります。柔軟に対応することが出来たときは、喜びと達成感を感じます。

入社以来のキャリア&現在の業務内容

横浜工場 製造課(2017年4月~現在)

入社後、横浜工場に配属になりました。横浜工場は主に生乳や加工乳、生クリームやコンパウンドクリームなどを製造しています。私はその中で生乳の受け入れから加工乳の調合、殺菌までを担当しています。
工場内での作業は覚えることが非常にたくさんあり、初めは先輩社員の方に教わることだけで、精一杯の日々でしたが、「今日はこれができるようになろう」など目標を持って仕事にあたることで、段々と自分一人でできる仕事が増えていきました。現在は一連の業務を任されるようになり、より一層責任感を持ち仕事に取り組んでいます。

仕事の魅力(やりがい)

工場の仕事は基本的にルーティン作業が多くを占めますが、各地域から届く生乳は毎日成分が異なり、製品を製造する量も違います。その中でいかに効率良く仕事をしていくかに魅力を感じます。
限られた時間の中で行うため、作業効率を良く進めないと時間がかかってしまいます。色々な失敗経験を経て次はどうするべきか試行錯誤し、常に1歩先を考えながら仕事をする必要があります。時には予定通り進まない場合もありますが、柔軟に対応することが出来たときは、喜びと達成感を感じます。

職場の雰囲気

明るい方が多く、活気に溢れ、仕事以外のことでもコミュニケーションが取れる楽しい職場です。私が新入社員として配属したばかりの時、不安をもちながら出勤した際に、部署の先輩たちが楽しそうにコミュニケーションを取っている和やかな雰囲気に、すごく安心したことを覚えています。もちろん仕事には真摯に取り組んでおり、分からない事はていねいに教えてくれる環境があります。適度な緊張感と冗談を言える職場だからこそ、仕事へのモチベーションも上がります。

タカナシはこんな会社

タカナシで働いている人は仕事に対して強い責任感を持っています。初めてやることは先輩社員が付きっきりで指導し、独り立ち出来るまで根気強く教えてくれます。また、業務の中では定期的に機械のメンテナンスを行っており、常に新しい知識や技術の共有を図りながら、お互いがスキルアップできる環境が整っています。日々の製造に妥協しないからこそ、お客様に「安全」「安心」な商品を届けることができると思います。

休日の過ごし方

休みの日は仕事を忘れて全力で遊びます。運動をすることが好きだったので、学生時代にやっていたバドミントンを再開しました。最初は仕事のリフレッシュ目的でしたが、今ではどハマリしています。複数の社会人サークルに所属し、大会に向けて仕事終わりや休日に練習をしています。バドミントンのレベルはまだまだですが、熱中して取り組む趣味があるおかげでメリハリのある毎日を過ごすことが出来ています。

タカナシを希望する方へ

タカナシはチャレンジ精神を大切にする会社だと思います。先輩・後輩に関わらず一人一人の意見を尊重し、積極的に発言することが出来ます。私自身も失敗を恐れず挑戦する姿勢を大事にしています。今後、一緒に働く機会があると思いますが、チャレンジ精神を持ち、共に成長できたらと思います。

Copyright @Takanashi Milk co.ltd., 2015 All Rights Reserved.

TOP